読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専門書が読める電子書籍リーダー?

世の中の専門書は,

高い. 重い. 分厚い. A4かそれ以上がほとんど. カラーの写真がたくさん. たまにハードカバー. 索引はたくさんあるのに,自分の調べた単語だけは載っていない.

これを解決するには,電子書籍にすればいい.電子書籍にすれば,

(高いのはどうしようもないが,) 軽い. 薄い. 検索できる.

と,便利になる.ただ,以下の条件を満たす電子書籍リーダーが必要.

ディスプレイはA4以上. 重さは400g以下. カラーの電子ペーパー.(液晶は目が疲れる) 自由にメモを書き込める.

この条件だと,かなり薄くしないといけない気が.ということは,強度が問題だよなあ.「紙のように薄いですが,紙のように曲げると壊れます」では売れないだろうし.

Creative Commons License
2011-2016 みー This site is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 United States License.