読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macにmp3のID3を編集するpythonライブラリのeyeD3をインストールする

mp3ファイルには,アルバム名やアーティスト名などが記録されている.このフォーマットをID3といい,v1系とv2系があるらしい.v1系は文字数が制限されているが,いろいろな機器が対応していて,v2系だと文字数の制限無しだが,対応している機器でしか読み込めないらしい.

iTumesやiPod touchはv2系に対応しているので,v2が使える.

さて,ある理由で,大量のmp3ファイルのID3情報を書き換えなくなったので,Pythonをつかって簡単なプログラムを作って実行することにしたのだが,PythonのID3ライブラリを調べた結果,eyeD3というライブラリがよさそうだったので,インストールすることにした.eyeD3は,Iとeyeの発音を掛けているのかな.

Mac OS 10.6(Snow Leopard)に入っているPythonのバージョンは2.5だったので,2.7に変更し,eyeD3をhttp://eyed3.nicfit.net/からダウンロードした.

Mac用のパッケージがなかったので,ソースからビルドした.その前に,Snow Leopardには,標準でmakeコマンドが使えないので,XCodeをインストールする必要があった.

ターミナルにて,

./configure

make

sudo make install

と実行すると,インストールされた.確認のため,Pythonで,

import eyeD3

と実行すると,エラーが出なかったので,うまくインストールできたようだ.

Creative Commons License
2011-2016 みー This site is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 United States License.